※上記のグローバルメニューにマウスオーバーすると、全ての記事タイトルが見られます。

主要Topニュース

総合1

三菱重工、ユニキャリアを買収−フォークの世界シェア3位に

三菱重工業とニチユ三菱フォークリフトは、産業革新機構、日立建機、日産自動車からユニキャリアホールディングス(HD、東京都品川区)の全株式を取得することで合意した。三菱重工が株式の過半数を握り、ニチユ三菱が残りを取得する方向。買収総額は1000億円を超える見込み。週内にも発表する。三菱重工はフォークリフト大手のニチユ三菱、ユニキャリアHDを別会社として存続させ、当面の経営統合を見送る方針。シナジーを...

※見出しをクリックすると電子版機能一覧ページが表示されます。記事の続きを読むには購読または試読の登録が必要です。

自動車

ポリテックジャパン、車体振動の検査サービス−多関節ロボに計測器

【横浜】ポリテックジャパン(横浜市港北区、藤田道隆社長、045・478・6980)は、非接触レーザー振動計と産業用ロボットを組み合わせ、自動車ボディーにかかる振動を一度にスキャンするシステム「RoboVib(ロボビブ)」による検査サービスを9月に開始する。従来、10日間かかっていた振動の測定期間を5分の1の2日間に短縮できるという。横浜市港北区に130平方メートルの用地を借りて施設を建設しており、...

※見出しをクリックすると電子版機能一覧ページが表示されます。記事の続きを読むには購読または試読の登録が必要です。

機械・ロボット・航空機1

三菱重工業グループ、ユニキャリアHD買収−業界首位の切符、手中に

三菱重工業グループがユニキャリアホールディングス(HD、東京都品川区)を買収する。独キオングループとの競り合いの結果、買収額はつり上がった印象があるが、フォークリフト世界シェア首位の豊田自動織機への挑戦権をなんとか手中に収めた。ただ、今回の大型M&A(合併・買収)における陰の勝者は、ユニキャリアHDの企業価値を高め、”高値で売れる会社“に衣替えさせた官民ファンドの産業革新機構なのかもしれない。(総...

※見出しをクリックすると電子版機能一覧ページが表示されます。記事の続きを読むには購読または試読の登録が必要です。

電機・電子部品・情報・通信1

ニフティ、企業のIoT化支援−専属エンジニアがアイデア出しから試作まで対応

ニフティはモノのインターネット(IoT)のサービスを開発・提供したい企業を支援するサービスを29日から始める。ネットワーク技術やシステム開発に精通した専属のエンジニアがアイデア出しから設計、試作品まで対応、ラボを設置して実証も行う。サービスに必要なさまざまな課題を解決し、デバイスのIoT化に取り組む企業やプロジェクトを後押しする。 今回始めるサービスは「ニフティIoTデザインセンター」。デバ...

※見出しをクリックすると電子版機能一覧ページが表示されます。記事の続きを読むには購読または試読の登録が必要です。

素材・ヘルスケア・環境

巴川製紙所、IoT狙い熱・電気・電磁波の制御材料に重点−新製品を積極展開

巴川製紙所は熱・電気・電磁波の制御材料を重点分野に定め、経営資源を集中する。モノのインターネット(IoT)普及でニーズが高まる電磁環境適合性(EMC)や放熱、絶縁など電子部品の誤作動防止対策材料で積極的に新製品を展開する。18年3月期に連結売上高390億円(15年3月期実績341億円)、営業利益15億円(同1億円)を目指す。 このほど中期経営計画(2015―17年度)を策定し、重点施策を盛り込ん...

※見出しをクリックすると電子版機能一覧ページが表示されます。記事の続きを読むには購読または試読の登録が必要です。

建設・エネルギー・生活1

エヌ・ピー・シー、太陽光パネル検査社を組織化−独自ノウハウ提供

エヌ・ピー・シーは、自社が独自に開発した太陽光パネルの検査方法を普及するため、検査サービスを提供する加盟社網を構築する。パネル検査を手がける企業を全国から募り、加盟社に独自の検査ノウハウなどを提供する。8月に運用を始める計画で、初年度50社の加盟社獲得が目標。これにより検査関連事業の2016年8月期売上高を今期比倍増以上の10億円まで伸ばしたい考え。 エヌ・ピー・シーは検査装置・方法を独自に...

※見出しをクリックすると電子版機能一覧ページが表示されます。記事の続きを読むには購読または試読の登録が必要です。

科学技術・大学

研究開発トップに聞く(2)NEC執行役員・江村克己氏「SDN・エネに重点配分」

―2015年度は前年度比8・0%増の1450億円の研究開発費を投じます。どの分野を増やしますか。 「ソフトウエアで仮想的なネットワークを作るSDNや、エネルギーなど重点分野に投じる。将来の成長に向け、全体の約14%を占める研究所の投資も増やす。データを活用し、画像認識など得意の技術と融合して他社にない価値を生む」 ―実証研究を担う拠点として13年に設立したシンガポール研究所の最近の成果は。 ...

※見出しをクリックすると電子版機能一覧ページが表示されます。記事の続きを読むには購読または試読の登録が必要です。

  • 購読申込みはこちら!
  • 試読申込みはこちら!

▲ ページトップへ